Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (8)ルール

(8)ルール

ルールを使用することでより柔軟な設定を行う事ができるようになります。

例えば業務時間中にはresource-stickinessを自動フェイルバックしないように設定しておき、業務影響のない時間帯にはフェイルバックするように設定する、などです。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (8)ルール”

DRBD 9.0.9, DRBD Utils 9.1.0がリリースされました

9月にDRBDバージョン9の最新版であるdrbd-9.0.9がリリースされました。
また、drbd-utilsのバージョン9.1.0がリリースされました。
本記事では、これらの最新バージョンの特徴や意義を紹介します。

続きを読む “DRBD 9.0.9, DRBD Utils 9.1.0がリリースされました”

Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (6)リソース制約

(6)リソース制約

 

スコア

Pacemakerのクラスタはスコアによって制御されます。スコアの増減によって、どのノードでリソースを実行するのかの判断が行われます。スコアはリソース・ノードごとに計算されます。例えば、もしリソースのスコアが負の値であれば、そのリソースは起動できません。クラスタでは、最も高い数値をもったノードでリソースを実行します。

 

INFINITY

PacemakerではINFINITYというスコアがあり、これは1,000,000に相当します。ただし、以下のように少々特殊な扱いになるので注意してください。

  • 任意のスコア + INFINITY = INFINITY
  • 任意のスコア – INFINITY = -INFINITY
  • INFINITY – INFINITY = -INFINITY

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (6)リソース制約”

Pacemaker boothを使った自動フェイルオーバーDRシステムの構成

チケット手動管理型の4ノードDRクラスタの課題

サードウェアではDRBD 8系を使った2ノードのHAクラスタを2拠点に設置したDR(ディザスタリカバリ)システム構成の手順書を公開しています。

チケット手動管理型4ノードディザスタリカバリクラスタ構築手順書

上記の構成では拠点間でのアクティブ/スタンバイ切り替えは「チケット」の付与によって行っています。

チケット:リソースと依存関係を持たせ、チケットの有無でリソースの起動・停止を制御することができます。このチケットを使用すると、通常の死活監視が行えないWAN環境でも、サービスの切り替えやフェイルオーバが可能になります。

しかし管理上、以下の2つの問題点がありました。

  1. チケットの管理は人間系の判断によって行うか、または独自にスクリプトを作成して管理する必要がある
  2. サイトの切り替えが起きるとIPアドレスが変更されるため、外部からサービスへアクセスするにはDNSサービスの切り替え等を行う必要がある

これらの問題点は、それぞれ次のように解決可能です!

  1. Pacemakerのアドオン機能であるBoothを使用しチケットの自動割り振りを行う
  2. マネージドDNSサービスを使用する(DynDNSの使用)

続きを読む “Pacemaker boothを使った自動フェイルオーバーDRシステムの構成”