Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (3) クラスタ全体の設定

(3) クラスタ全体の設定 

 

CIBプロパティー

CIB自体が使用するための情報が自動的にCIBプロパティーに設定されます。通常これらの情報はユーザーが意識して設定することはありません。CIBプロパティーには以下のような情報があります。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (3) クラスタ全体の設定”

DRBD 9.0.8, DRBD Utils 9.0.0がリリースされました

6月1日にdrbd-utilsのバージョン9.0.0がリリースされました。また、6月20日にDRBDバージョン9の最新版であるdrbd-9.0.8がリリースされました。その他、DRBD 8.4.10、drbdmanage 0.99.5も今月リリースされています。本記事では、これらの最新バージョンの特徴や意義を紹介します。

続きを読む “DRBD 9.0.8, DRBD Utils 9.0.0がリリースされました”

Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (1) Pacemakerとは

本カテゴリ「Pacemaker 設定詳細」では、Pacemaker 1.1 Configuration Explainedだいたいの内容について説明していきます。

(1) Pacemakerとは

 

 Pacemakerの主要機能

Pacemakerはクラスターリソースマネージャです。Pacemakerを使用する事で、事前に設定した規則に基づき、相互に接続したコンピュータ(ノード)間でクラスターサービス(リソース)の可用性を高めることができます。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (1) Pacemakerとは”

Pacemaker設定詳細カテゴリについて

本カテゴリ「Pacemaker 設定詳細」では、Pacemaker 1.1 Configuration Explainedだいたいの内容について説明していきます。

本カテゴリの投稿内容はPacemaker 1.1 Configuration Explainedの正確な日本語訳ではありません。概要のみを記載するものですのでご注意ください。

章構成はPacemaker 1.1 Configuration Explainedにある程度対応しますが、必ずしも一致しておりません。

また情報の新しさや正確性についても保証はいたしません。

Pacemaker機能の概要把握としてご利用いただければ幸いです。