drbd-9.0.12リリースについて

この度、drbd-9.0.12がリリースされました。
主な修正点は下記の通りです。なお、RHEL及びCentOSでは今回の不具合は発生いたしません。

・device_openコードパスの競合状態の修正

→主にUbuntu、Debianで確認されておりますが、内部カウンターの値がマイナスとなり、
その結果、DRBDカーネルドライバからDRBDリソースを削除できなくなってしまい、
それによって影響をうけるリソースをダウンさせてしまうという不具合を修正いたしました。

詳細は下記リンクを御参照下さい。
https://github.com/LINBIT/drbd-9.0/releases/tag/drbd-9.0.12

Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (12)利用と配置ストラテジ

(12)利用と配置ストラテジ

 

Pacemakerのリソース配置は全ノードの割り当てスコアに基づき決定します。最も高いスコアのノードにリソースが配置されることになります。

スコアが同じ場合は、デフォルトでは割り当てリソースが少ないほうのノードを選びます。リソースの数が同じだった場合には、CIBに最初に記載されたノードを選びます。

通常、リソースごとに必要なシステムリソースは異なりますので、リソース数だけでシステム負荷を均一化することはできません。リソースを動作させるのに必要なシステムリソースがない場合には、リソースの起動が失敗するか、著しくパフォーマンスが落ちます。

そのため、これら要素を考慮してPacemakerを設定する必要があります。

  1. ノードのシステムリソース
  2. リソースが必要とするシステムリソース
  3. リソース配置に関する全体の戦略

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (12)利用と配置ストラテジ”

Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (10)高度なリソースタイプ

(10)高度なリソースタイプ

 

グループ – 構文上のショートカット

クラスタを利用するうえで頻繁に必要になる要素として複数のリソースを一まとめにするリソースセットがあります。これは同じ場所でリソースを順番に起動して、停止する時にはその逆の順番で行うといった操作が行えます。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (10)高度なリソースタイプ”