メンテナンス時にフェールオーバさせない方法


Pacemakerで管理しているLinux-HAクラスタのメンテナンス時に、「一部のサービスを停止させるが、フェールオーバが発生しないようにしたい」、などの場合もあるかと思います。そんな時に使える機能が、メンテナンスモードです。

メンテナンスモードとは

メンテナンスモードを有効にすると、Pacemakerは動作したままですが、リソースの起動/停止/監視をいっさい行わなくなります。

例えばクラスタリソースとして動作しているデータベースをメンテナンスするために一時停止しても、メンテナンスモードの最中であれば、フェールオーバは起こりません。メンテナンスが終わってデータベースを再起動してから、メンテナンスモードを無効に戻せばいい、ということになります。

使用方法

  1. メンテナンスモードを有効にします。
  2. 必要なメンテナンス作業を実施します。バックアップを取る、プログラムをアップデートするなど、サービスを停止する必要があるメンテナンスを実施できます。ただし、メンテナンス作業が終ったら、停止したサービスは再度起動しなければなりません。
  3. メンテナンスモードを終了します。

メンテナンスモードになっているかの確認方法

メンテナンスモードでは、crm_monの画面で各リソースに”(unmanaged)”と表示されています。

注意点

繰り返しになりますが、メンテナンスモードを終了する時には、リソースの動作状態をメンテナンスモード設定前と同じ状態に戻すことを忘れないでください。異なっている場合には、不整合が生じる場合があります。例えば以下のようなケースでは問題になりますので、ご注意ください。

  • メンテナンスモード中にdrbdadmコマンドでdrbdのステータスを変更したままである
  • メンテナンス中に片ノードを再起動したが、drbdが自動起動(chkconfigでdrbdがon)のためpacemakerの管理外で起動している

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*