第3章 コンパイル済みDRBDバイナリパッケージのインストール

目次

3.1. LINBIT社が提供するパッケージ
3.2. ディストリビューションベンダが提供するパッケージ
3.2.1. SUSE Linux Enterprise Server
3.2.2. Debian GNU/Linux
3.2.3. CentOS
3.2.4. Ubuntu Linux

3.1. LINBIT社が提供するパッケージ

DRBDプロジェクトのスポンサー企業であるLINBIT社は、商用サポート対象のお客様向けにDRBDバイナリパッケージを提供しています。これらパッケージは http://www.linbit.com/support/ から入手可能であり、「公式DRBDビルド」です。

これらのビルドは次のディストリビューションで入手できます。

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)バージョン5、6
  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES)バージョン10、11
  • Debian GNU/Linux バージョン5.0 (lenny)、6.0 (squeeze)
  • Ubuntu Server Edition LTS バージョン8.04 (Hardy Heron)、10.04 (Lucid Lynx).

LINBIT社では、新規のDRBDソースのリリースと並行してバイナリビルドをリリースしています。

RPMベースのシステム(SLES、RHEL)へのパッケージのインストールはパッケージ名とともに rpm -i (新規インストールの場合)または rpm -U (アップグレードの場合)コマンドを呼び出すことで簡単に行えます。

Debianベースのシステム(Debian GNU/Linux、Ubuntu)では、drbd8-utilsdrbd8-module パッケージを dpkg -i または gdebi コマンドでインストールします(該当する場合)。

3.2. ディストリビューションベンダが提供するパッケージ

コンパイル済みバイナリパッケージを含め、いくつかのディストリビューションでDRBDが配布されています。これらのパッケージに対するサポートは、それぞれのディストリビュータが提供します。リリースサイクルは、DRBDソースのリリースより遅れる場合があります。

3.2.1. SUSE Linux Enterprise Server

SUSE Linux Enterprise Server (SLES)バージョン9、10にはDRBD 0.7が含まれ、SLES 11 High Availability Extension (HAE) SP1 にはDRBD 8.3が含まれます。

SLESの場合、DRBDは通常はYaST2のソフトウェアインストールコンポーネントによりインストールされます。これは High Availabilityパッケージセレクションに同梱されています。

コマンドラインを使用してインストールする場合は、次のコマンドを実行します。

yast -i drbd

または

zypper install drbd

3.2.2. Debian GNU/Linux

Debian GNU/Linuxリリース5.0 (lenny)以降にDRBD 8が含まれ、Linuxカーネル2.6.32である6.0 (squeeze)では、Debianには移植バージョンのDRBDが提供されています。

DRBDがストックカーネルに含まれているため、squeeze で必要なのは drbd8-utils パッケージのインストールのみです。

apt-get install drbd8-utils

lenny (obsolete)では、次のようにしてDRBDをインストールします。

apt-get install drbd8-utils drbd8-module

3.2.3. CentOS

CentOSのリリース5からDRBD 8が含まれています。

DRBDは yum コマンドで行えます(extras リポジトリが有効になっている事が必要な事に注意してください)。

yum install drbd kmod-drbd

3.2.4. Ubuntu Linux

UbuntuにDRBDをインストールするには次のコマンドを実行します。

apt-get update
apt-get install drbd8-utils drbd8-module