パート VI. DRBDパフォーマンスの最適化

目次

20. ブロックデバイスのパフォーマンス測定
20.1. スループットの測定
20.2. レイテンシの測定
21. DRBDのスループット最適化
21.1. ハードウェアの検討事項
21.2. スループットオーバヘッドの予測
21.3. チューニングの推奨事項
21.3.1. max-buffersmax-epoch-size の設定
21.3.2. TCP送信バッファサイズの調整
21.3.3. アクティビティログサイズの調整
21.3.4. バリアとディスクフラッシュを無効にする
21.4. 冗長性を高め読み込み性能を向上させる
22. DRBDレイテンシの最適化
22.1. ハードウェアの検討事項
22.2. レイテンシオーバーヘッドの予測値
22.3. レイテンシ vs. IOPs
22.4. チューニングの推奨事項
22.4.1. CPUマスクの設定
22.4.2. ネットワークMTUの変更
22.4.3. deadline I/Oスケジューラを有効にする