DRBDノベルティつくりました

DRBDうまい棒と折りたたみ傘カバーをつくりました

IMG_0680

2016年10月6日 – 10月7日のCEATEC JAPAN 2016に  

_人人人人人人人_
>  DRBD 9  <
 ̄Y^Y^Y^ Y^Y^Y^ ̄

で出展しますので、CEATEC JAPANにお越しの際にはサードウェアブースにも是非お立ち寄りください。

濡れたまましまえる折りたたみ傘カバーと、DRBD9味のうまい棒配布予定です。

なお現在は、CEATEC JAPANの招待券も配布中です。
ご興味のある方は是非sales@3ware.co.jpまでお問い合わせください!

DRBDの同期速度自動調節機能について(Part 2)

two_gear_XS2

DRBDの同期速度自動調節機能について、以前からサードウェアのサイトにて同期速度自動調整機能(8.3.9以降)の紹介の記事を公開しています。内容はDRDB開発元のLINBITブログに掲載された記事を日本語化して一部注釈をつけたものです。その後、翻訳元のLINBITブログでアップデート記事が公開されましたが、この記事の日本語化が遅れておりました。投稿内容は数年前のものではありますが、日本語による本機能の詳細な紹介記事はほとんどない状況ですので、日本語に翻訳して本ブログで公開します。


注意:これは再同期(ノードやネットワーク障害後の回復)に関してであり、レプリケーションについての記事ではありません。

続きを読む “DRBDの同期速度自動調節機能について(Part 2)”

DRBD領域のオフライン縮小方法

DRBD領域の縮小をしたいとき…

いったん確保したDRBDレプリケーション領域を縮小するということは、想定したくないニーズだと思います。しかしやむをえず縮小せざるをえなくなった場合、以下の説明にもとづいて正しく縮小できます。

外部メタデータを使っている場合にはオンラインでDRBD領域を縮小できますが、多くのユーザは内部メタデータを使っているため、オンライン縮小は現実的ではありません。したがってオフラインでの縮小が必要になります。ただし、このオフライン縮小はメタデータの操作を含む高度な方法です。ユーザーはメタデータについて熟知している事が前提になります。ユーザーズガイド記載のオフライン縮小手順もその前提で書かれていますが、DRBD領域の中にあるファイルシステムの取り扱いは詳しくないため、十分な事前知識がないまま実行すると、最悪データを失うことになりかねません。

そこで本記事では、「DRBDについて多少知っているけれど、熟知とまではいかない」ユーザ向けに、比較的安全なオフライン縮小手順をご案内します。

続きを読む “DRBD領域のオフライン縮小方法”