特集: DRBD9紹介 第5回「データ再配置」

複数台のIAサーバとDRBD9を使って高性能のSANストレージを実現できることを第3回「多ノードレプリケーション」で説明しました。また、冗長化済みディスクボリュームを多数管理するためにdrbdmanageが役立つことも説明しました。これらに加えて、drbdmanageは、ストレージクラスタとしてのスケーラビリティを保証するためのデータ再配置機能も持っています。 続きを読む “特集: DRBD9紹介 第5回「データ再配置」”

特集: DRBD9紹介 第4回「drbdmanage」

DRBD9と同時並行で開発中の「drbdmanage」は、「3台のサーバで冗長化された5GBのディスクボリュームが欲しい」といったニーズにストレートに対応する設定管理ツールです。論理ボリュームの作成、設定ファイルの作成、初期化コマンドの実行などといった複雑な手順はすべて自動化されます。 続きを読む “特集: DRBD9紹介 第4回「drbdmanage」”

アクティブ機のデータディスクが壊れたら遅滞なくフェイルオーバさせる方法

disk_crasher

DRBDでディスク故障を検出する方法

DRBDを使ったクラスタシステムは、2台のサーバに同一データが同時に保存されるため、ディスクが故障してもデータを失わないというメリットがあります (シェアードナッシングと呼びます)。もしディスクが故障してもサービスは継続可能ですが、しかしアクティブ機側のディスクが壊れたことに気づかないまま運用を続けていくわけにはいきません。

DRBDとPacemakerの設定を調整すると、アクティブ機側のディスクが故障したら自動的にフェイルオーバして管理者にメール通知するというアクションを自動化することができます。

続きを読む “アクティブ機のデータディスクが壊れたら遅滞なくフェイルオーバさせる方法”