Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (5) クラスタリソース

(5)クラスタリソース

クラスタリソースとは

クラスタによって可用性を高められたサービスをリソースと呼びます。もっともシンプルな例はプリミティブリソースです。もう少し複雑なものにグループリソースやクローンリソースなどがあります。

すべてのプリミティブリソースにはリソースエージェントがあります。リソースエージェントは提供するサービスを取り出したり、クラスタに対して可視状態にするための外部プログラムです。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (5) クラスタリソース”

Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (3) クラスタ全体の設定

(3) クラスタ全体の設定 

 

CIBプロパティー

CIB自体が使用するための情報が自動的にCIBプロパティーに設定されます。通常これらの情報はユーザーが意識して設定することはありません。CIBプロパティーには以下のような情報があります。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (3) クラスタ全体の設定”

Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (1) Pacemakerとは

本カテゴリ「Pacemaker 設定詳細」では、Pacemaker 1.1 Configuration Explainedだいたいの内容について説明していきます。

(1) Pacemakerとは

 

 Pacemakerの主要機能

Pacemakerはクラスターリソースマネージャです。Pacemakerを使用する事で、事前に設定した規則に基づき、相互に接続したコンピュータ(ノード)間でクラスターサービス(リソース)の可用性を高めることができます。

続きを読む “Pacemaker 1.1 Configuration Explained – (1) Pacemakerとは”